算道

算道 | Sando

算道とは論理珠算を用いて計算の宇宙を探求する道である。

Sando is the act of investigating the Universe of Calculation using Logical Abacus Calculation.

算道の心 | Essence of Sando

記号の発明によって人類は高い精度で情報を伝達出来るようになり、電気技術によってその効力は顕著に向上し、私達の生活を変えた。あらゆる物体は記号に置き換えられ操作され、そして再提示される世の中で、記号はまるで一つの実体のように認識されているだろう。一方で、記号は人間の身体を離れて変換されるようになり、計算そのものは隠蔽されるようになった。そのような時世において情報がどのように操作されるかを知ることは、記号化されていく私達の世界を見直す新たな視点になりうる。

算道の第一義は、論理算盤上の珠という物質性と記号性を兼ね備えた存在により、身体を通じて「計算とは何か」を探求する知的な営みである。しかしながら、現代においての算道はただの知的好奇心を超えて、現実を捉えるために必要不可欠な知覚をも与えるだろう。

Through the invention of symbols, humanity became able to relay information with high precision, and through electronic technology, that effect advanced remarkably, changing our lives. In this world where every kind of thing/event has been overwritten by symbols, manipulated, and then re-presented, symbols are likely recognized as one entity. On the other hand, symbols have become such that they are converted separate from the human body, leading to calculation itself being hidden. In such a time, knowing how information is manipulated can become a new perspective for re-viewing our world as it is symbolized.

In order to obtain that perspective, I have developed the Turing complete calculation method of Logical Abacus Calculation. Logical Abacus Calculation allows for calculation that could not be done with conventional abacuses. For example, it can carry out calculations that use conditional branching, repetitive calculation, or data structure. And Sando (lit. “way of calculation”) is the act of investigating the Universe of Calculation using that Logical Abacus Calculation.

活動

2016.11.03 文化庁 メディア芸術祭 20周年企画展 - 変える力 - 『算道』

2016.08.13 - 2016.09.02 文化庁メディア芸術祭 広島展『算道』

2016.07.01 『AXIS Vol.182』に掲載されます。

2016.02.03 - 2016.02.14 『文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2015.12.19 『算道の演算』

2015.11.01 『算道道場』

2015.09.01 『算道』